>

収納場所の多さが勝敗を決める

各所で収納場所を確保しておく

よくある失敗の一つが大きめのウォークインクローゼットを1つしか作らず収納用品がすべて1箇所にギュウギュウ詰めになってしまった例です。
確かに一見効率的ですが、大体の場合リビングや玄関から遠い場所や寝室の奥にあったりするために収納場所への運搬が大変だったり、こまめな整理整頓が徹底されてないと探しものがいざという時に見つかりにくかったりするものです。
布団や衣類などは湿気を嫌いますので風通しのよい場所で、逆にキャンプグッズやアウトドア用品は玄関近くにあったほうが便利です。

意外な落とし穴が掃除機関連の収納です。
最近はコンパクトなコードレス掃除機が登場しているものの、洗面所やリビングに掃除用品などの収納スペースを設けていないと置き場所をさまよってしまうことになります。
いずれにせよ、生活動線にあわせて収納スペースを各所に設置することが必要です。

ちょっとしたアイデアで収納の達人に

場所をとってしまうから収納を部屋には作りたくない、そう感じているなら少し発想を変えてみましょう。

玄関に収納棚を設置して仕切りを設け、来客用と家族用の動線を2つに分ける方法があります。
お客様側にはシンプルで綺麗な通路を、家族用側には傘立て、靴箱、コート掛け用のコンパクトクローゼットを設置すれば、玄関先での置き場所に困ることもなくインテリアとしても効率的です。

また、リビングのテレビボードの後ろに回遊できる収納スペースを作れば掃除用具や冷暖房機器や小物などが簡単に取り出せて便利です。
開閉型の壁タイプの仕切りをつくっておけば、来客時は扉をしめれば裏側の収納がみえません。
リビングに畳の間を作る際に、スキップフロアにすれば段差部分に収納用の引き出しをつくれます。

ちょっとしたアイデアで収納にみせない間取りテクがありますので参考にしてみてください。


この記事をシェアする