>

家族の家族による家族のための、住まい環境を手に入れよう

成功の鍵は家事を同時進行できること

新築の間取りで満足している方の意見に多かったのが、リビングでの家事を同時進行しやすい動線になっていることです。

具体的な事例で説明しましょう。
「玄関からリビングやキッチンまでの距離が短く、スーパーの帰宅後すぐに食材をキッチンへ運べる」
「キッチンと洗面所が近く、料理をしながら洗濯ができる」
「洗面所の奥にバスルームがあり、浴室乾燥で洗濯物を干せる」
など、リビングの近くにキッチン・洗面所・バスルームやトイレが近いと生活動線がスムーズで、効率的に家事をこなせます。
外出先からの帰宅時も玄関から洗面台が近いと手洗い・うがいをしやすく、汚れたままリビングにはいることもなくなります。

このように共有スペースであるリビングに近い場所に生活周りの間取りを設計すると、家族全員が集まりやすくコミュニケーションも深まります。

対面式のキッチンと和室

小さなお子さんがいる家庭ではリビングとキッチンに仕切りを設けず、キッチンからリビングが見渡せるような間取りがいいでしょう。
料理をしながら子供がリビングで遊んでいる様子を確認できますし、家事の合間に勉強をみてあげられるメリットがあります。

新築のリビングの間取りでダントツの人気なのが、対面式のキッチンです。
最適な間取りはキッチンの真横にダイニングテーブルがあり、対面にリビングがある設計です。
家事の移動距離が短く、子供から目を話すことなく同時進行ができる点が最大のポイント。

もう1点はリビングに仕切りのある和室を作っておくと、広く使いたい時は開け放して、個別に利用したい時は仕切りを閉めるとプライベートスペースになります。
リビングを臨機応変に可変できるようにしておくと来客時などに便利です。


この記事をシェアする